インプラントの世界的権威パウロ・マロの直営クリニックならあらゆるお口のトラブルを解決いたします。

マロクリニックが選ばれている理由

治療の流れについて

一本の治療から難症例まで患者様に合わせた最適な治療をご提案!

お口のトラブルでお悩みのあなた、マロクリニックへお気軽にご相談下さい。専門医師がお答えいたします。

こんな症状でインプラントができないと言われたあなた・・・

また、入れ歯のこんな症状などでお困りのあなた・・・

今、世界で注目を集める最新のインプラント治療、オールオン4なら噛む生活を取り戻せます!

All-on-4™とは、たった1日で健康的で美しい固定性の歯を入れる事ができる革新的な治療方法です。
他の医療機関でインプラント治療を断られた方や、あごの骨が少なく骨の移植が必要と診断を受けた方も、抜歯を含め1回の手術で固定性の歯を使用し噛む事ができます。

1本の歯に対して1本のインプラント体を埋め込んでいた従来の方法とは異なり、4本だけで固定式の歯を支えられます。

多数のインプラント体を埋め込んでいた従来の治療法

多数のインプラント体を埋め込んでいた従来の治療法

All-on-4スタンダード

患者様の負担を最小限に抑えるインプラント治療です!

マロクリニックのみで行っている特別なAll-on-4

従来のインプラントだと治療困難とされてきたあごの骨がほとんど残っていない方でも、頬の骨を利用することにより骨移植を必要とせず、1日で歯を装着できます。
これは日本では当院でしか行われていない特別なAll-on-4™治療です。

治療費について

お口のトラブル・インプラントに関するご相談は無料です。

●治療にあたっては必ずお見積りを提示し、ご納得いただいてから治療を開始いたします。
●1度の手術ではインプラントが生着しない場合がありますが、再手術の費用はかかりません。
●当院にて定期健診を行っていたにも関わらずインプラントを除去する必要がある場合は、
当院では手術後10年間は無料で入れなおしの手術をさせていただいております。

お口のトラブルでお悩みのあなた、マロクリニックへお気軽にご相談下さい。専門医師がお答えいたします。

専門誌をはじめ、たくさんのメディア・雑誌に当院の先進的治療を取り上げていただきました。

朝日新聞出版 「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ!で紹介されました。

週刊新潮4月5日発売(4月12日号)の「2012 注目の名医たち」で紹介されました。

Dr.パウロ・マロより日本のみなさまへ

プライバシーにも配慮した最新鋭の医療設備

診療室

診療室

診療室は全室完全個室となっております。患者様のプライバシーをお守りし、また感染予防対策を十分に行えますので、安心して治療を受けられます。

オペレーションルーム

どのような手術にも対応可能な最高水準の最新型手術室を2部屋完備しております。
また、麻酔専門医による全身麻酔も行っており、全く苦痛を感じる事なく手術を受けられます。

オペレーションルーム

CT撮影

正確な3D立体画像を作成するため、顔全体が撮影できる被爆量の少ない最新のCTスキャナーを備えています。

プライバシーに配慮した専用の個室

手術前後を過ごす個室リカバリールーム。麻酔から回復するまで、ゆったりとお休みいただけます。

パウダールーム

車椅子でも入れるパウダールームは、メイクを落としたり術後にお化粧をするスペースです。資生堂の基礎化粧品を完備してありますので、ご自由にお使いください。

遠方からのお客様のために

遠方からお越し下さるお客様に、少しでも快適に過ごして頂くために、JTBと提携したJTB MALO CLINICデスクをご用意。交通・宿泊・観光の 手配をお手伝いさせていただきます。
宿泊は当院から徒歩2分の場所にある、三井ガーデンホテルをご用意。ホテルとの業務連携により、マロクリニックにてチェックインしていただけます。

JTB MALO CLINICデスクが
快適な旅をお約束します

東京の夜景を一望できる
三井ガーデンホテル

マロクリニック東京 院長のご紹介

院長 下尾嘉昭

ポルトガル本国でDrパウロ・マロに師事し、All-on-4™を学び、インプラント治療を日本の先生方に正しく普及させるため、日本全国で講演活動を行っています。(All-on-4™治療に関する研究、論文多数)
無歯顎や歯周病で悩む患者様の社会復帰を可能にする日本におけるAll-on-4™治療の第一人者です。

MALO CLINIC TOKYOでは、Dr.PAULO MALOに師事した多くのスタッフによるチーム医療を行っております。医療は1人の医師の診断や治療では不十分です。我々のクリニックでは、患者様の治療方針を11人のドクター(ドクター9名、麻酔医師2名)で検討する他、世界中のMALO CLINICネットワークと連携して最良と考える医療を提供しており、この医療を支える世界最高水準の医療設備も整えております。さらに当クリニックでは、旅行代理店のJTB内にMALO CLINIC専用デスクを用意しており、遠方の患者様でもスムーズに治療を行う事が可能です。
このように、我々MALO CLINIC TOKYOは、日本中の患者様に世界レベルの医療をお受けいただき、一人でも多くの方に幸せになって頂けたらと思っております。

経歴

1991年
東京歯科大学卒業
1991年
帝京大学医学部付属病院 勤務
2005年
岸病院高度インプラントセンター・センター長
その後、Dr.Paulo Maloに師事しリスボンにて
All-on-4™を学ぶ
2009年
MALO CLINIC CLINICAL RESIDENCY 終了
2011年
MALO CLINIC TOKYO Clinical Director(院長)

エスティックフォーラムでの講演の様子

約3,000人の歯科関係者が参加したエステティックフォーラムでメインプレゼンターとして講演しました。

お口のトラブルでお悩みのあなた、マロクリニックへお気軽にご相談下さい。専門医師がお答えいたします。